Best Programming 日々の仕事に使える知識を研修で習得しよう

日々の仕事に使える知識を研修で習得しよう


リーダー育成のための研修の方法

指導力のあるリーダーの育成に努めている企業は日本中に多くありますが、特に部下とのコミュニケーションの取り方について、研修によって役立つ知識を得ることが効果的です。

中間管理職を対象とした研修を定期的に行っている企業では、グループディスカッションやプレゼンテーションなどの形式を取り入れることで、一人ひとりの社員がリーダーシップを身につけられるよう工夫がなされています。

なお、研修の効果を高めるにあたり、人材育成に詳しい外部の講師のサポートを受けたり、研修のカリキュラムの組み方にこだわったりすることがコツです。

その他、リーダーの役割をしっかりと認識させるために、継続的に研修の効果をモニタリングすることが大事です。

中途社員の研修のテーマの選び方

中途採用者の受け入れを積極的に行っている企業では、様々な経験を有するスタッフを活用するために、業務の合間を縫って研修を導入しようとする動きが見られます。

中でも、中途社員が仕事に対する意欲を高めるにあたり、業務に関する知識や技術だけでなく、社会生活におけるマナーやルールについて、研修を通じて学ばせることが肝心です。

また、中途社員の年齢や役職、業務内容などによって、研修のテーマを変えることによって、それぞれの社員が目的意識を持って研修に励むことが可能となります。

なお、中途社員の研修の効果は、社員の能力や性格などに影響を受けることがあり、研修を成功させるために、人事担当者が日ごろから一人ひとりの社員の特徴を調べることが大事です。

社員研修と言っても内容は様々あり、専門的な内容の研修やマナーの研修、役職ごとの研修などがあります。会社の中で生きていくためには参加すべきものであることは間違いないでしょう。

ヒューマンエラーの対策はココ