Best Programming ecサイトの構築!その構築のしかたについて

ecサイトの構築!その構築のしかたについて


ecサイトは商売には欠かせない!

ホームページがなくても商売はできますが、会社の存在を知ってもらうには何らかの形で広告が必要です。今やインターネットの個人利用率は80.9%に達しています(総務省平成30年版情報通信白書)。このインターネットを使った広告を利用しない手はなく、多くの企業が既に利用しています。インターネットを利用して自社のホームページを作成し、商品やサービスを周知することは、現代の商売や競争を勝ち抜くためには欠かせない存在です。そして多くの企業では有効なツールとして、各社各様の工夫で広く活用されています。

ecサイトの構築の仕方

ホームページを作る時、ecサイト(電子商取引サイト)として構築すれば、商品やサービスの広告と商取引が同時に行えて一挙両得です。会社を調べに来た見込み客に、その場で商品やサービスを利用してもらうチャンスがあるからです。また、利用者の口コミを掲載することで、より取引の機会が増える可能性も高まります。

ecサイトの構築法にはどういうものがあるかというと、既存システムを利用する方法と新規に開発する方法があります。既存システムの利用では、ソフト会社が作ったアプリの購入やレンタルする方法があります。既にあるアプリを利用するだけなので、構築期間が短くて済みます。一方、新規に開発する方法では、一から開発する方法とecサイト機能のあるオープンソースを利用して開発する方法があります。前者は構築期間が長く開発コストも要求仕様で膨らむ場合が多いです。後者は機能は限定ですが、既にある無料のソースを利用でき、新規開発より期間も短く安くて済みます。

ecサイトの構築では、費用対効果と構築期間を見ながら、効率的に導入して活用したいものです。

ecサイトの構築方法には、既存システムの利用や新規開発があります。前者はecサイトのレンタルやecの基本機能を備えたパッケージソフトを利用する方法で、後者はオープンソースを利用したり一から開発する方法です。