Best Programming マーケティングオートメーションが必要とされる背景と導入するメリット

マーケティングオートメーションが必要とされる背景と導入するメリット


マーケティングオートメーションが求められる理由

マーケティングオートメーションとは、獲得した見込み顧客を育成し、営業部門により質の良い顧客リストを渡すためのシステムのことを指します。マーケティングオートメーションツールを使用することで、SNSやウェブサイトなどの訪問者分析などを通し、マーケティングにおける活動の一部分を自動化することが可能になります。かつてはユーザーが商品の情報を調べようと思った場合、TVや雑誌などで販売側から発信される情報で調べるのが一般的でした。しかし今では、インターネットの普及によりウェブサイトや口コミによって簡単に情報収集が可能になっています。ユーザーの状況の変化に応じて求められるマーケティングも変わってきており、マーケティングオートメーションが注目されるようになったのです。

マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションのメリットは、見込み顧客の育成が効率化されることです。顧客リストを持っていたとしても、そのすべてをカバーするのはコストがかかりますし、リストの質が悪くてアプローチをする意味がないケースも多いです。マーケティングオートメーションを導入することで、顧客のウェブサイトでの行動状況に合わせて適切なメールを自動で送るといったように、効率的なマーケティング活動が可能となります。顧客の優先順位もつけられるので、今すぐ客を可視化させることも可能となるのです。メルマガ配信ツールやアクセス解析は単体のものがありますが、データ形式が異なるなどの理由で最適化されない場合もあります。マーケティングオートメーションツールは複数の機能が搭載されており、データを共有しやすいのが大きな特徴です。

マーケティングオートメーションとは、企業が見込客の情報を、人手を使わずに、大量の作業を自動化して一元管理することをいい、メールやSNSなどを使ったマーケティングの自動化などがあげられます。