Best Programming はじめてのポスター印刷!データ作成の注意点

はじめてのポスター印刷!データ作成の注意点


どこで印刷する事が出来るのか

はじめてポスター印刷をしたいという場合、どこで印刷しようか悩みますよね。おすすめは印刷会社へ依頼する方法です。印刷会社に依頼すると、データ作成についてアドバイスを貰えたり、データ作成のマニュアルに沿って作るだけなので初心者には安心ですよ。もし、データ作成に慣れているという場合には、コンビニのコピー機で印刷する方法を使い方法もあります。ただし、大型のポスターの印刷は出来ないので注意しましょう。

塗り足し・トンボを作成しましょう

ポスター印刷をする際には印刷データの用意が必要です。データを作成する時にもっとも大切なのは、塗り足しやトンボと呼ばれる「余白」を考慮してデータを作る事です。トンボはカットする際のガイドラインになるものなので、これがないと断裁する際にトラブルになってしまいますよ。また、塗り足しも大切なポイントです。これも断裁時のズレを防止するために必要なポイントになります。塗り足しは、トンボの外側に左右上下それぞれ3mm、合計で6mm作っておくと安心です。塗り足しは仕上がりサイズより5mm内側に作りましょう。余白がある事で文字が途切れたり、重要な画像が途切れる心配がありませんよ。

印刷カラーの設定に注意しましょう

データを入稿する際には印刷カラーの設定にも注意して下さい。何故なら、モニターで表示されている色(RGB色)と、印刷で使われる色(CMYK色)は異なるからです。注文をしてから色の違いに気付いては遅いので、必ず印刷で使われる色を使ってデータを作成するように心がけましょう。

激安コピー印刷は印刷物、コピーなどを従来のものより低価格で提供するサービスです。安くてもきれいな仕上がりで、モノクロからカラーまで対応しています。

激安モノクロ出力で探す
激安カラー出力で検索