Best Programming 防犯カメラを設置する時のプライバシーの問題

防犯カメラを設置する時のプライバシーの問題


防犯カメラを設置する時のプライバシー

防犯対策として一般家庭や商業施設に防犯カメラを設置する事は珍しい事ではありません。しかし防犯カメラを設置する時はプライバシーに配慮しないとトラブルになってしまいます。自らが所有する場所や使用権のある場所に防犯カメラを設置して撮影するのは問題ありませんが、いくら防犯目的であっても他人の敷地内を無断で撮影する事は許されません。もし撮影する場合は必ずその土地の所有者に許可を得て撮影しなくてはいけません。

もし自分が住んでいる自宅であってもシェアハウスのような複数の人が住んでいる場所の場合は他の住人にも許可を得なくてはいけません。また公道なども勝手に撮影して通行する人を撮影してしまうとプライバシーの侵害になるので、公道なども勝手に撮影してはいけません。

意図せず撮影した場合でも違法性がある

自分が所有する私有地内を防犯目的で撮影した時に意図的でないにしろ映り込んでしまった場合はプライバシーを侵害する行為であるので、許される事ではありません。そのため防犯カメラを設置する時は絶対に他人の所有地がうつらないように配慮するべきです。

良くあるケースとしてはマンションやアパートのベランダを撮影するように設置したものの隣のベランダまで撮影してしまっているケースや一軒家でもすぐそばに他の家があって周辺の家の敷地内まで撮影してしまっているケースです。

飲食店などの施設内でもそこの所有者であればカメラを設置するのは自由です。しかしトイレの中など一部撮影してはいけない場所もあるので、そういった場所には絶対に防犯カメラを設置してはいけません。

シュレッダーは紙を裁断して、秘密を守る装置です。細かく切り刻む家庭用から、パルプまで溶かして秘密を守る業務用まで種類は様々です。

シュレッダーのおすすめが見つかる